新築一戸建て購入というとお金がかかる

バナー

新築一戸建て購入というとお金がかかる

新築一戸建て購入というとお金がかかる、自分は賃貸で十分、お金がもったいないと思う人もいるようです。

しかし、新築一戸建てが必ずしも無駄遣いになるわけではありません。まず、賃貸と新築一戸建てを比較してみると、賃貸も一戸建ても月々の支払いがあることは同じです。

支払金額は頭金をどのぐらい入れたかによって変わるのでケースバイケースです。

話題の最新川西市の不動産の情報ならこちらで掲載されています。

しかし、一戸建て購入と違って、賃貸の場合、いくら払い続けても柱一本自分のものにはなりません。

今よりも宝塚の一戸建ての情報といえばココです。

そして、そこに住み続けている間ずっと払い続けなければなりません。それに対して一戸建て住宅の購入ではローンが終わるとともに当然支払いも終わり、家と土地も自分の財産として残ります。
自分の財産として持った場合、固定資産税がかかりますが、建物に対する価値は年々下がりますし、最近は住宅購入の際、初年度の固定資産税が免除されるという補助もあります。

自分に合った川西市の一戸建てに関する情報をすばやく探せます。

また、住宅ローンを組んでいる人を対象に、その金額によって税金が免除される制度もあります。

ただ、賃貸と違って、メンテナンス費用を自分で負担しなければなりません。しかし、自分で負担するのですから、資金に余裕がなければ負担せず、メンテナンスを行わないという選択肢もあるわけです。

その点、マンションの賃貸などでは、メンテナンス費をその都度徴収される場合もありますし、この時、経済的に余裕がないからと言って一人だけ徴収を拒否するということはできません。

それぞれ長所短所はありますが、新築一戸建ての購入は未来への投資にもなる良い選択の一つです。